女性の強い味方|ハウスクリーニングでお掃除上手に

作業内容はさまざま

掃除機

特殊清掃の色々と行われる作業内容

特殊清掃は、現代において欠かせないサービスといえます。そもそも特殊清掃とは、一人で亡くなって放置された部屋の清掃をするサービスです。遺体の発見が遅れると、死後3日くらいから腐敗が始まります。腐敗が始まると同時に、遺体の体内にガスが溜まって腐敗臭を発生させてしまいます。そうなると、ウイルス、害虫などのリスクも増えていきます。そして、体内から体液や肉が崩れ落ちていきます。特に害虫が発生すると、一度に大量の卵を部屋のいたるところに産みつけます。特殊清掃では、そうした場合に即座に害虫の殺菌作業や消臭作業を行います。また、遺体で汚れた床や壁、家財道具等をクリーニングします。また、で汚染された床、壁などの解体作業も行います。素人ではできないことをやってくれるので、非常に便利なサービスです。

業者に依頼する時のポイント

世の中には、たくさんの特殊清掃業者があります。特殊清掃の中には、料金体系がはっきりと確立されていないところもあります。ですから、依頼する業者によっては、作業の見積額に大きな差が出てしまいます。そのため、業者に依頼する時には、複数の業者に見積もりを取った方が良いです。特殊清掃は、家の大きさ、処分するゴミの量、作業員の人数などで価格は変わります。ですが、同時に複数の業者に見積もりを依頼すれば、ある程度の相場を把握できます。その中から、見積もりが安く、サービスがしっかりしているところを選べば失敗がありません。また、業者によっては、清掃の技術レベルに差が出ることもあります。なので、依頼をするときには過去の実績なども考慮した方が良いです。

Copyright © 2016 女性の強い味方|ハウスクリーニングでお掃除上手に All Rights Reserved.